實用主義的視角~CP值

麺がお店の規模にもよりますが、卸が1玉50-60円です。これは、質の良い価格です。
それで、肝心のスープですが、コッテリ系のラーメン屋は、豚の脳味噌が入った頭骨を主に使います。それから、豚の皮、背脂。それからは、各店のアレンジで、野菜や魚粉など。
それと、焼豚と言いますか、煮豚をスライスして トッピング。
大きな鍋で約200杯弱のスープを取ります。スープ仕上がりまでに、約3-4時間。かなり煮込む所で約6時間。
夫婦2人の経営パターンの一例としてラーメンは、麺、スープ、煮豚、ねぎ、調味料、元ダレ。以上で、提供600円として原価300円切れるくらいです。

via (741) Facebook

Advertisements